上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続きでジェームズ・アレンの「原因」と「結果」の法則の紹介を致します。


心は、創造の達人です。 

そして、私たちは心であり、思いという道具をもちいて、

自分の人生をつくりあげています。

私たちの人生のなかには、うれしこともあれば、

悲しいこともありますが、どちらも私たち自身が生み出すものです。

私たちは考えます。

そして、その内容にふさわしい人生を生きています。

私たちを取り巻く環境は

私たちの心の中身を映し出す鏡のようなものにすぎません。


                   ジェームズ・アレン




私たちは、自分自身の思いによって、自分を素晴らしい人間につくりあげる

こともできれば、堕落させてしまうこともできます。

良い結果を生む思いが良い思いであり、悪い結果生む思いが悪い思いです。

自分の心の中身をチェックし、もし少しでも、意地悪な思い、ずるい思い、怒りの思いなどの

悪い思いがあったのなら、やさしい思い、誠実な思い、穏やかな思いなどの良い思いに

ひとつ、ひとつ変えながら自分の行いが、さらには環境までがどのように変化するかを、

観察していく・・・      「結果」があとでついてくる。  良い「結果」が、、、、。


「原因」と「結果」の法則「原因」と「結果」の法則
(2003/04)
ジェームズ アレン

商品詳細を見る



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kitashi.blog101.fc2.com/tb.php/67-8eb6263f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。