上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「レスベラトロルが放射線にも有効」



長寿遺伝子のスイッチをONにする抗酸化物質「レスベラトロル」


ピッツバーグ大学医学部の腫瘍学者ジョエル・グリーンバーガー氏が

「レスベラトロルがマウスの放射線障害を防止する」

という実験結果を2008年に発表している。



放射線への防御性も高まるこの研究は、ピッツバーグ放射線対策医療センターの

監修のもと行われた。


このセンターは、放射線を防御または緩和する小さな分子を発見・開発し、

大規模な原子力災害が発生した場合に それを供給するために設立された施設。



グリーンバーガー氏は、「今回の研究は 放射能テロに対する防衛が目的でした。

テロ攻撃で放射線を浴びたら レスベラトロールを摂取すればいい」 とまで話している

そうです。




グリーンバーガー氏のこの研究結果は 2009年9月に行われた米国放射線腫瘍学会の

年次会議で報告された。




過去の広島や長崎の前例から 原爆後遺症が起きなかった人たちは「玄米食」をしていた人たちだった。

玄米→玄米に「すり黒胡麻塩」 塩(いい塩)を努めて摂る 海藻 

味噌(自然塩を使ったもの) 放射能は体を冷やす極陰性(東洋医学で言うところの陰陽)

なので 自然治癒力が働く温める陽性の食べものを摂る。

そして放射能を排出するように努める。



日常的に体温を高めておき自然治癒力 免疫力を高めておく☆☆☆☆☆



レスベラトロルと日常口にする「食」…これらは極めて重要です


是非心がけて毎日口にしましょう。


Nutronixの製品でNuRevにはレスベラトロルを多く含むサプリメントです。




こちらのサイトからお問い合わせホームへ



または、a.g.strings $ gmail.comまでどうぞ。($マークを@に変えてメール送信して下さい。)



Nutronix公式ホームページ




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kitashi.blog101.fc2.com/tb.php/143-7a0449dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。