上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
19日午後3時ころの出来事です。



私は家の中にいましたが、消防車両がマイクで 「 上尾市(私の隣の市)のガソリンスタンドで

灯油を購入された方は、使用せず至急警察、消防署まで連絡をして下さい。 」




灯油を購入?? 良く聞きとれずガレージで洗車をしていた妻に灯油がどうのこうの??


なんて言っているんだ?と聞き、妻もアナウンスが早口で良く聞き取れなかったと

言っており灯油とガソリンを間違えたらしい?


なんて、有り得ないだろうそんな事


消防車両はすぐに他の住宅地にあっという間に消えてゆきました。


こんな危険な事態なのに良く聞こえていない!!


石油ストーブやファンヒーターにガソリンなんかを入れてしまったら


その家庭は大惨事になってしまう。。。



私は音響設備、音響オペレート(PA)の仕事をしている身ですので

職業がら音声の聞きやすさ、明瞭度があまりにも気になり



消防署に「 アナウンスが聞き取りにくく早口すぎて家の中にいた人は

わからない。早く知らせたいのに早口で、車も早く走ってしまえばせっかくの

アナウンスが無意味になるでしょう。 至急、消防車両に落ち着いて

ゆっくりアナウンスするよう連絡してください 」

と電話をしました。


後で自分も少し焦っていたと反省してますが、興奮して電話していたと

思います。


今日の日中は気温が上がったが、夜になって冷えてきてストーブでも

点けてしまったら、、、


その日の夜は良く寝付けませんでした。



今日の朝刊に、、、スタンド関係者が灯油色が普段とは違って

見えたため、ガソリン混合油と間違って売ってしまったと思い込んで

しまったとの事でした。


スタンド関係者も消防車のアナウンスにしてももう少し

落ち着いていただきたいですね。


幸い、大事には至らなかったので、ほっとはしましたが。。。



今回の東日本大地震でも言えるかもしれませんが、突然大きな出来事が

あった時、難しいであるでしょうが、どれだけ落ち着いて冷静に行動

出来るだろうか。 


自分が遭遇したら冷静に行動できるだろうか。。。



先週の静岡県の地震ですが、実は私は震源地近くに出張中で

地震があった時は関東で何日も余震があり、言葉は悪いですが

「余震慣れ?」かもしれませんが自分だけが、やけに落ち着いていたように

感じました。


翌日は震源地の中心部の富士宮市のお得意さんに納品に

伺いましたが、いつも利用していた道が地震で通行止めのところもあり

少し時間は掛かりましたが、無事到着しました。


そのご自宅の中は冷蔵庫の中身が部屋に散乱、食器棚から食器なども

落ちて危険なため、納屋、車に貴重品などを運び各個人で避難していました。


大変でしたね~!!っと声をかけましたら、東北の被災地に比べたら

何百倍も、幸せだよ!!と落胆した表情ではなくわずかではありましたが

笑顔で元気な姿がすごく印象に残りました。



幸いにも津波もありませんでしたし、怪我や死者などは無くて良かったですが

東北の津波の恐ろしさがあらためてきずかされました。


被災地の皆さんが1日でも早く立ち直れることを
祈っています。








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kitashi.blog101.fc2.com/tb.php/115-34ee5ba2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。