上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.02.28 水は不思議
Logo.jpeg


水は不思議ですね。





果てしなく広がる銀河系宇宙に浮かぶ地球はよく

「 水の惑星 」と呼ばれたりしますね。



地表の約70%が水で覆われた青く輝く星です。

ただ、私は宇宙からはまだ見ていませんが



水はさまざまに姿を変えながら地球を循環し、景観をつくり

生命の命を支えています。





太陽系の中でも地球だけに生命がはぐくまれ、守られてきたのは

母なる海。      そして「 水 」があったからです。




もし、これが太陽に近い水星や金星だったとしたらどうでしょうか?

太陽の熱で温度は300℃以上になり、水はすべて水蒸気になって

消えてしまうでしょう。


逆に地球の外側の火星ではマイナス50℃とかマイナス70℃とかに

なると言われてます。


水は完全に氷結してしまいますね。



地球と太陽の距離がほんの少しでもずれていたら、水は液体として

存在できず、私達人類、動物、植物も存在しなかったと言えるでしょう。



ほんと、神秘ですよね。 不思議としかいえません。




その地球で誕生した人間の体もまた約70%が水分だといわれてますね。

水の不思議で結ばれる宇宙と地球の人間。


いったい、どのようにつながっているのでしょう。






詳しい詳細サイト








スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kitashi.blog101.fc2.com/tb.php/107-0b6cfbc1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。