上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、身近なところで沢山見られるようになった銀イオンの除菌・消臭グッズ

ですが、実は人間と銀との関わりは、数千年以上も前からあったと言われています。

古来の人々が好んで身に付けた指輪などのアクセサリーに日常的に使用されていました。



また、中世ヨーロッパでは皿やフォーク・ナイフなどの食器にも

使われており、銀が貴重な金属だったことが窺えます。


銀が古くから利用されてきたのは、その美しい輝きだけが

理由ではありません。銀には殺菌・除菌といった効果がある

ことを、古来の人々は科学的な裏付けがない時代から知っていたのです。



銀の硬貨を井戸の底に沈めておくと、その井戸の水から

伝染病が発生しないこと、そして大海原へ出航する船の飲料水を

保存するために銀の壷が積まれていたことなどは、当時の人々が

銀の殺菌力に注目していた証拠となるでしょう。

長い海洋生活の上で、欠かすことの出来ない飲料水を

腐らせないために、銀の壷を使ったのです。



銀の持つこうした殺菌や抗菌能力は、「銀イオン」によるものですが、

銀イオンの除菌・消臭効果の仕組みやその安全性はどのようなものなのでしょうか。



1.基礎知識(除菌)

銀イオンとは、銀を水中で電気分解させることにより溶出するものです。

銀イオンの殺菌効果を世界で最初に発見したのは、ドイツのG.クラウスでした。

1929年、クラウスは銀イオンの水溶液に優れた殺菌効果あることを

証明し、コレラ治療法に役立てました。



イオンとは、原子または分子が電子を放出するか受け取るかして

電荷を帯びた状態のことを言います。このとき正(+)の電荷を

持っていると陽イオン、負(-)の電荷を持っていると陰イオンと呼ばれます。

銀イオンは、銀(元素記:Ag)が正(+)の電荷の帯びたイオンなので

「Ag+(エージープラス)」とイオン式で表される陽イオンということになります。


余談ですが、、、 a.g.stringsアットマークgmail.comが私のメルアドです。

偶然ですが銀イオンの AG   ( a.g.) ではなくアコースティック・ギター・ストリングス

から付けました。     

(失礼しました。元に戻ります)


水中に溶け出したプラスの電荷を持った銀イオンは、水中を漂うマイナスの

電荷を持った菌に付着して菌の活動を抑制させます。これを繰り返すことに

より水中の菌が無くなっていき、除菌作用が発揮されるという訳です。


これが銀イオンによる除菌作用ですが、銀の除菌効果作は銀イオンに

よるものだけでなく、銀の酸化力の強さによる活性酸素の効果も

あると言われています。



銀イオンの除菌・殺菌効果については、大学や研究機関による様々な

実験によっても確認されています。

アリゾナ大学で行われた銀イオンの殺菌効果評価試験では、以下に記したものを含め多くの

細菌やウィルスに効果があることがわかっています。



ブドウ球菌 ・ サルモネラ菌・ 赤痢菌 ・ クレブシェラ

レジオネラ属菌 ・ シュードモナス ・ ポリオウィルス

ロタウィルス ・ ヘルペスウィルス ・ ・ ・ ・



数年前に国内で、一部銀イオン製品の除菌・消臭作用について

疑問が呈され、公正取引委員会から排除命令が出ました。


メーカー側は対象製品を自主回収としましたが、これは「銀イオンに

除菌・消臭効果がない」ということではありません。


「対象となった製品の銀イオン含有量が少ないので

十分効果があると認められない」というもので、銀イオンの

殺菌効果が否定された訳ではありません。



実は私もその効果がほとんど無いとの事で大手販売会社から何年も前に

購入した商品の無料回収購入代金の全額返金で、返品した事がありました。


8点位の保存容器でしたが、2点ほど見つかりませんでしたが

さすが大手の通販会社ですね。 それでも全額返金してきました。


別な物を100円ショップで購入しましたが(^.^)。。。やはり、ニセモノの様な?

分かりませんが、そんな感じがします。



2.基礎知識(安全性)

銀イオンの特徴としてあげられるものに、その高い安全性があります。

銀イオン水溶液は、銀を水中で電気分解させた水溶液なので、他の薬剤など

が含まれていません。銀は、世界保健機構(WHO)の定義でも人体への

影響はないとされています。日本の水道法による飲料水の水質基準に

おいても、含有量に関して数値基準が定められておりません。


そもそも私たちは日常生活をする上で、水を飲んだり食事をしたりする

ことによってごく微量の銀イオンをミネラルとして自然摂取しています。


大量に誤飲するなど特殊なケースをのぞけば、危険性はありません。

また、銀は、食品添加物にも認可されています。


    
厚生労働省 食品添加物リスト 既存添加物名簿収載品目リストで調べられます。


ヨーロッパなどでは、飲料水の殺菌に塩素の代わりに銀を用いている

地域もあります。このような事例などからも、銀が高い安全性を

持っていることがわかります。


「銀」で殺菌と聞いて、「本当に体に害はないの?」と思われる人も

いるかもしれません。菌を死滅させるくらい強力な効果があるなら、人体に

何かしらの影響があるかもしれない、というわけです。


また、「水銀」と「銀」を同じ物質だと思って、不安視される人もいるようです。

日本の高度成長時代に、公害病として知られた水俣病や阿賀野川の

イタイイタイ病などの主原因は、河川に垂れ流された工場排水に含まれる

有機水銀を、近隣住民が魚などを食べることによって体内に摂取した

ことだと言われています。


このように水銀(特に有機水銀)は非常に毒性の強い物質であり、体内に

直接取り入れることはもちろん、気化したものを吸うことも危険であることが知られています。


ところで水銀の元素記号はHgで銀はAgです。銀は金や銅などと

同族元素であり、水銀は亜鉛などと同族元素です。この二つの物質は

全く別の金属で、関連はありません。

「水銀」という名前が紛らわしいので、「銀を水に溶かすと水銀になるのでは?」

という誤解がありますが、水銀は見た目が銀のような光沢があることから

そう呼ばれるようになっただけなのです。




3.基礎知識(消臭)

私たちの生活にはさまざまな臭いが溢れています。

好い香りもあれば不快な臭いもあります。生ゴミなどの腐敗臭や、足や脇の

臭い(体臭)、洗濯した衣服が生乾きのような状態で発する臭いなど、色々な

要因で発生する嫌な臭いにも銀イオンは効果を発揮します。


臭いが発生するメカニズムは臭いの種類によって様々ありますが、汗や

皮脂・タンパク質などを細菌が分解する時や、細菌が大量繁殖する際に

発生する成分が原因として挙げられます。


銀イオンにはそうした細菌などと結びついて最近の活動を抑制(死滅)させる

働きがあります。臭いの発生源となる細菌の活動が弱まる、あるいは原因菌

が死滅することによって、臭いの発生を防ぎます。

銀はその他の金属と比べて酸化力(対象となる物質から電子を失う力)が

強く、あらゆるものを酸化します。

物質の二重結合に作用して、臭い物質を別の物質に変えます。また、銀のもつ酸化力

により銀イオンが細菌酵素中のSH基(スルフヒドリル基)と結合して、細菌のタンパク質を

変性させ、細菌の活動を押さえ込むことによって抗菌効果が生まれるのです。


また、銀イオンは通常のアルコールとは異なり、揮発性がないため長い効果を

期待することができます。


銀イオンの抗菌・消臭効果を活用した数多くの商品が発売されていますが、

基礎知識にあるように、銀と人間の生活は何千年も前から密接に関わって

きました。ここでは利用事例別に銀(銀イオン)の活用例をご紹介します。



食器

現代でも、レストランで食事をする際に使われるフォクやナイフなどに銀は使われています。

中世ヨーロッパでは王族や貴族階級で銀が重用されており、銀食器に食事を

盛りつけて食べる様子は絵画などにも見ることができます。


これは銀が持つ殺菌効果のほかに、銀がヒ素などの毒物にすぐに反応して

黒ずむことから、毒物を発見して身を守るために役立てていたともいわれています。





銀が化学変化を起こしやすい特質を生かした事例としては、日本において

将軍や大名が使った銀の箸もあげられます。こちらもヨーロッパの王族と

同じように、毒物混入を防ぐ目的があったようです。





遠洋への航海に出航する船が、長旅の間の飲料水の保管を目的として、銀の壷を使いました。

銀の殺菌能力に着目し、何よりも大切な飲料水を長期間保存するための知恵といえます。

第二次大戦中に赤痢が大流行した際には、治療法としてこの銀の水が使用されています。



水道水の殺菌

水道水の殺菌方法は、現代では塩素殺菌が一般的ですが、かつては銀イオンによる

上水道の殺菌法が世界各国で研究されました。

世界に先鞭を付ける形で1930年に銀イオン電解法を発明した旧ソ連では、非常に高

い殺菌効果と人体へ悪影響がなかったことから国内で広く使われました。

その後ドイツ、イギリス、フランス、アメリカ、旧チェコスロバキアやインドなどでも

大量の飲料水殺菌のために、水道水の銀イオン殺菌が利用されました。



病院・医療機関の感染対策

ほとんどの菌に対して殺菌効果があり、塩素系やアルコール系に比べて持続力に

優れている銀イオンは、医療現場の殺菌・消毒にも活用されています。


MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)の院内感染防止のために、銀イオン水が

用いられています。

また、伝染病対策として空港や税関などでも使用され、SARS流行時にも活躍しました。



公衆浴場の殺菌

日本の公衆浴場(銭湯などのこと)は、「公衆浴場における衛生等管理要領等の

改正」によって湯水の衛生管理が義務づけられています。


レジオネラ属菌を含む細菌対策では厚生労働省が推奨する塩素殺菌が一般的

ですが、塩素殺菌に不向きな水質の場合など、銀イオン殺菌法が浸透してきています。



銀歯

歯の治療を行ったときに、被せもの(クラウン)として銀が古くから使用されてきました。

いわゆる「銀歯」と呼ばれています。強度も高く、保険が適応されるため

安価なので、いまでも広く歯科治療に使われています。




食品添加物

銀は、国が認定する食品添加物リストにも含まれていて、銀が使用されている

食品も販売されています。


例えば、洋菓子の装飾に用いられるアラザン(砂糖とデンプンを混ぜて

粒状にし、食用銀粉を付着させたもの)や、仁丹(生薬を配合して銀箔で

包んだもの)などがあります。

また、ガムやタバコの包み紙などにも使われています。




除菌・消臭スプレー

銀イオンの除菌・消臭効果を利用した製品で最も多いのが除菌・消臭スプレーでしょう。

ワキガや靴ムレ臭など人体に直接ふり掛けるタイプや、衣類やペット、車内を消臭する

タイプまで幅広い用途に応用されているのが特徴です。


人体の臭いの原因は、汗や皮脂を細菌が分解する際に発生する脂肪酸が要因に挙げられます。

銀はそれら臭いの元となる菌の活動を抑制し、臭いの発生を防止します。

また、銀イオンだけを成分とするものをはじめ、ゼオライトを加えてサラサラ感と

消臭効果を補完したもの、緑茶エキスなどを加えたものなどもあります。




全自動洗濯機

銀イオンの除菌効果を利用した洗濯機には、は銀イオン水生成機能が

備わっていて、すすぎの際に、この銀イオン水を使って、衣類の消臭と除菌を

行うという画期的なものです。メーカーの資料によると、この洗濯機で洗濯した

衣類の菌発生率が減少したというデータも発表されています。

銀イオンは、乾燥によって酸化銀の形で残り、菌の付着を防ぐと解説しています。




靴下・衣類

身につけるものを消臭するためには、衣類に銀イオン成分を含んだスプレーを

ふり掛ける方法がありますが、素材そのものに銀イオンを含ませている靴下や

シャツなども商品化されています。


超極細の銀繊維を織り込んだり、銀イオンを染み込ませた繊維で製造したりして、

銀イオンの除菌・消臭効果が発揮されるようにしています。




キッチン用品

調理の際にでる生ゴミや食器の洗浄など、キッチンにおいても除菌を必要とされる

場面があります。

銀イオン成分配合のまな板やスポンジなどは、細菌の増殖を抑制し、抗菌グッズ

として販売されています。


また、本体に銀イオン加工を施し、抗菌・抗カビ仕様となっている

食器洗い乾燥機や、浄水器の仕組みに銀イオンを取り入れている商品もあります。



銀イオンの除菌効果を利用した洗濯機には、は銀イオン水生成機能が

備わっていて、すすぎの際に、この銀イオン水を使って、衣類の消臭と除菌を

行うという画期的なものです。メーカーの資料によると、この洗濯機で洗濯した衣類の

菌発生率が減少したというデータも発表されています。

銀イオンは、乾燥によって酸化銀の形で残り、菌の付着を防ぐと解説しています。






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kitashi.blog101.fc2.com/tb.php/103-bf795af1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。